先代

先代 の歩み

一代目 は 作男 として働いており、やがて 分家 し、 中西 を興しました。 先代 の原点です。 専業農家 で米、麦の他に 養蚕 で生計を立てていたそうです。今のような 農業機械 はありませんでした。牛を飼っており、唯一の頼れる 労働力 だったと思います。

二代目 は僕のおじいさんにあたります。こわいおじいさんだった記憶があります。やはり 専業農家 として、 一代目 同様、米、麦、養蚕で生計を立てていました。この頃にやっと、 農業機械 として 耕運機 が出始め、 農業の機械化 の幕開けの時期でもありました。しかし、依然として、 田植え 、 稲刈り は手作業だった記憶があります。一代目、二代目は近所の農家が助け合いながら、手作業中心の 農作業 だったのです。

三代目 は僕のおやじです。勤めをしながらの 兼業農家 となりました。トラクター、田植え機、稲刈り機、脱穀機が揃い、 兼業農家 として家族だけで百姓をやっていける時代となりました。現在、僕が使っている 農業機械 はほとんどが20年以上前におやじが買った機械です。みんな、現役で頑張ってくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA