風呂 投稿日 2015年4月1日

直焚き 風呂

なぜ直焚き 風呂

家 を 改築 した時、 石油 で 沸かすお 風呂 から 薪 を使ってお湯を沸かす 直焚き風呂 (別名: 五右衛門風呂 )に変えました。私が小学校のころまでは 直焚き風呂 だったので、今になってあの頃が懐かしく思い出され、思い切って 直焚き風呂 にしました。 火を焚くこと、湯加減の 調整 は慣れが必要です。 燃料 は 木 なので 環境 にも優しいお 風呂 です。

直焚き風呂の構造

写真 は 浴室 に 設置前のはだかの状態の 直焚き風呂 です。 浴槽 、それを 築炉 が支える 構造 になっています。 築炉 は、 二段 構造 の 炉 を 形成 したもので、「下の段で 薪 の 炎 が 浴槽底 を直接熱した後、 吹上部 より 高温 の 煙 となって上の段に 誘導 しで 浴槽側面 を周回させてから 煙突 で 排出 する」という 熱効率 を考えた 構造 になっています。

直焚き風呂 の 図面 です。 風呂釜 の下の赤い部分は 薪 で焚いている 火 のつもり。 直焚き 風呂 の 最大 の 特徴 は、 風呂釜 自体 を 直接 温めるため、 お湯 の 温度 がなかなか下がらないということ。 夏場 では、 翌日 の 昼 になっても十分に温かく、そのまま 湯船 に入って 農作業 の 汗 を流すことができます。 冬 になるとさすがにそういうわけにはいきませんが、 翌日 の 朝 になっても、 短時間 ならば 湯船 に浸かっても 問題 ないくらいの 温かさ が残っています。 翌日 、 追い炊き する場合は 風呂釜 と水が冷え切っていないので、すぐに お湯 にすることができます。 風呂釜 自体 を 薪 の 火 で 直接 温めるので、 風呂釜 の 底 の 部分 がかなり熱くなり、そのまま 足 を入れても、暑くて堪えられません。それを防ぐために、 底板 を敷いて 湯船 に入ることになります。こうすると、 皮膚 が 風呂釜 に 直接 触れることがないため、 安心 して 湯船 に浸かることができるというわけです。

焚口 土間 はこんな感じ。ここから 薪 を入れて 火 を焚くわけです。

我が家で喜んで、お 風呂 を沸かすのは私だけ。 大人 の 火遊び もここまでやると、 快適 な 生活 を好む他の 家族 には大ヒンシュクになっています。 火 を焚く時、 重要なのが 薪 の間になるべく 空気 が入るようにすること。それから 火 を燃やすために 必要 な 空気 が 土間 から 焚口 にうまく 供給 できるようにすることが 重要 です。そうしないと、なかなか 火 が着いてくれません。

でもこの 火 を見ていると、 気持ち が落ち着くんですよね。

直焚き 風呂」への1件のフィードバック

  1. あいざわ

    五右衛門風呂イイですね!
    自分も触発されて自作しようと想い質問させていただきます。
    1 風呂桶はやはり鉄製でしょうか?
    2 幾らくらいで購入できましたでしょうか?
    よろしくお願いします!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA