薪 投稿日 2015年4月23日

薪 切り

冬の暖房用のペチカと直焚き風呂の燃料は薪です。薪の材料は針葉樹の切羽です。ペチカを作って頂いた製材所から安価で購入しています。長さ4m×直径1mほどの束にした切羽が運搬費込みで3,000円です。1シーズン8~10束必要なので、10×3,000円=30,000円ということになります。作業の手間を費用換算したら、決して安くはありません。むしろ、高上がりでしょう。自然環境にやさしいとか、楽しみとしてできるとか、そのよな気持ちがないと、出来ないことだと思います。

薪切りで使うのはチェーンソーです。スチール製のものも持っていますが、音の静かさや手軽さから、電動チェーンソーを購入して、使っています。チェーン長45cmのものです。マキタ製のものです。インターネットで口コミとか値段とか検討し、性能がよさそうでお手ごろ値段だったのでこれに決めました。

切羽は50cmほどの長さに切断します。針葉樹は広葉樹のように目の詰まった材質ではなく、スカスカな感じなので、割と楽に切ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA