投稿日 2017年11月8日

干し野菜 はいかがでしょうか

干し野菜 はいかがでしょうか

夏、取れすぎた野菜を干して使うと、保存がきいて、便利。食感が変わっておいしい。見た目も変わって、めずらしい。という記事を見つけました。
確かに、夏野菜はまとまって同時に取れて、食べきれないということがよくあります。
そこで紹介されていたのが、干し野菜。

干しピーマン
熟して赤くなったものの中身の種を取り、切って干す。完熟させたものを使うと、もどした時に柔らかくなる。ふたつ割りのままだと乾きにくいので千切りがよい。

干しゴーヤ
ピーマン同様に中の種を取り、厚さ2~3mmの薄切りにして、干す。干すコツは、夏の暑い盛りに1日で一気に乾かすこと。きれいな緑色に仕上がるそうです。

干しナス
5mmほどの厚さに切ったら、冷水に30分ほどさらすと、アクが抜けるのか、白く仕上がるとのこと。
干し方は3~4日掛けて、カリカリに乾かすと出来上がり。もどす際には砂糖を入れると、柔らかくもどるそうです

干しキュウリ
3~5cmのブツ切りにして、2~3日掛けて、カラカラになるまで干す。半乾きでも、冷蔵庫に保存すればOK。
醤油、砂糖で煮ると、何とも言えない歯ごたえに。

出展:現代農業2004.8 http://www.ruralnet.or.jp/gn/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA