投稿日 2011年11月23日

籾殻堆肥 発酵に米ぬかを利用して、籾殻・生ごみを発酵して作る

籾殻堆肥 は簡単にできそう

籾殻堆肥 は籾摺りする時、必ず出る籾殻を使います。
以前から籾殻の利用を考えており、籾殻ボイラーを導入したり、籾殻くん炭を育苗培土に混ぜたりして、利用していました。
籾殻堆肥 の作り方の記事を見つけました。

板の枠で囲った一部分に籾殻を3センチほど積み、米ヌカを15kg混ぜておく。この米ヌカはあくまでも、発酵を始る為の発酵床として、最初に使うだけ。その次に1日分の生ゴミをその上に置き、籾殻でフタ。これを毎日繰り返し、サンドイッチ状に積んでいく。 籾殻堆肥 は3ヶ月ほどで使えるようになる。

生ごみの代わりに、他のものを混ぜて、応用できそうなので、これは参考にしてみたいです。

出展:現代農業 http://www.ruralnet.or.jp 2009.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA