桜 投稿日 2015年4月3日

高遠の 桜

かつて 馬 の 姿 が 桜 の 花 に埋もれて隠れたという 高遠藩 の 桜 の 馬場 。 明治8年 、荒れたままになっていた 高遠城址 を何とかしようと、 旧藩士達 が 馬場 の 桜 を 城址 に 移植 したのが 公園 の 桜 の始まりです。 高遠 の 桜 は、 タカトオコヒガンザクラ で、 ソメイヨシノ より少し小ぶりで 赤み のある 花 を咲かせます。 園内 には約1,500本もの 桜 があり、古くから「天下第一の 桜 」と称され、 全国的 に 有名 で 「さくら名所100選」 にも選ばれています。 樹林 は「県の 天然記念物 」です。 満開時 には 公園 全体 が 薄紅色 に染まり、白い ソメイヨシノ とは 一味 違った 桜 を楽しめます。 見頃 は 4月中旬 、 城址公園 が ピンク に染まる 花 のシーズンには、25万人以上の 観光客 が訪れます。

伊那市ホームページより

「 天下 第一 の 桜 」 と言われている 高遠小彼岸桜 ( 高遠コヒガンザクラ )は、 小振り で ピンク の 強い 可憐な 花 を咲かせます。 雪 を頂いた 中央アルプス や 南アルプス の 山並 と 青空 を バッグ に、 城址公園 の 一面 を ピンク に 染める 桜 は見る 人 を 圧倒 させます。 この 桜 は、 明治 の 廃藩置県 で、 高遠城 が取り壊された後の 明治8年(1876) 、 城趾 を 公園 として 整備 する際に、 河 南 の 小原地籍 、 桜馬場 にあった 桜 を植樹したのが 最初 です。その後の 補植 は 同一種類 のものに限られ、今では、 樹齢 約 130年 の古木 20本、50年以上のもの500本、30年以上のもの300本、 若木 を入れて約1500本の 桜 の 木 あります。

日中は花見客で混むので、早朝6時ころ行きました。しかし、早朝にも関わらず、公園近くになると、県外車で渋滞していました。公園では色々な屋台もでます。 朝、6時ころからやっているようです。すでに多くの花見客が桜を楽しんでいました。

高遠城址公園 は 我家 から 車 で15分くらいのところにあります。 桜 の シーズン になると、 家 の前の道を 県外 からの 花見客 の 車 が増えます。 全国的 に 有名 になってきた 高遠 の 桜 ですが、近くに住んでいるといつでも行けるという 気軽さ か、数えるほどしか行ったことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA