P5155701 投稿日 2011年5月15日

不耕起田への田植え その1

昨年1枚の耕さない田んぼ(不耕起田)への田植えをして、うまく出来たので今年はほとんどの田んぼで耕さない田んぼ(不耕起田)への田植えをするつもりです。肥料も散布していません。イトミミズが排泄する糞が自然の肥料となっています。昨日、今日で3つの田んぼで田植えをしました。冬期湛水後の田んぼの状態はそれぞれ違うので、すんなり、植え付け出来た田んぼ、植え付けできなくて見るも無残になってしまった田んぼ。無残な田んぼをどうするか?少し、方策を考えます。

【農作業備忘録】
5月14日
下原の大きい田んぼ(無施肥、不耕起で田植え)・・・・・・50株 育苗箱 60枚
5月15日

原新田の田んぼ・・・・・(無施肥、不耕起で田植え)50株 育苗箱 40箱
下原の三角の田んぼ・・・・・(無施肥、不耕起で田植え)50株 育苗箱 40箱
裏の小さい田んぼ・・・・・・(無施肥、不耕起で田植え)50株 育苗箱 40箱(うまく植え付け出来なかった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA