P4295509 投稿日 2011年4月29日

傷ついた土手を補修

ゴールデンウイーク初日、待ってましたとばかりに、田植えの前の農作業を始めたました。何しろ、会社勤めの週末百姓なので田植えが終わるまでは仕事が休みの日は農作業がギュッと詰まってます。青空と雲を映した冬期湛水田は空よりも青く、農作業の合間の感動でした。

昨年の秋からずっと水を溜めっぱなしの田んぼの土手は時に、ネズミやモグラの穴がきっかけとなって、水が漏れ出しています。ひどい時には下の写真のように土手が完全に崩壊し、川となって田んぼの外に流れ出ています。

今日は崩壊した土手を半日掛けて復元しました。冬の間、鈍っていた身体にはいきなりの激しい作業ですが、よい全身運動です。

カエルも動き始めたなと思ったら、田んぼには卵がありました。田植えの頃にはオタマジャクシが見られることでしょう。

【農作業備忘録】
4月28日
育苗プールに液肥散布

4月29日
原新田の田んぼ、南側お土手補修。田んぼに生えたセリ、スズメノテッポウ、カヤの類を草刈り機で根っこから切断。ほぼ5時間の作業となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA