P1095155 投稿日 2011年1月9日

冬期湛水田で遊ぶ

いつの時代になっても子供たちの好奇心に満ちあふれているのでしょうか?
全面結氷した我家の冬期湛水田の氷の上で寒さもなんのその・・・・・。じゃれあっている子供たちです。

氷の中に何か見つけたんでしょうか?二人で何か話をしながら、楽しそうです。

冬期湛水田で遊ぶ」への2件のフィードバック

  1. ウメ(梅沢)

    楽しそうですねえ^^
    あ、ウメでございます。本年もよろしく
    お願いいたします。。。

    またまた突然つかぬ事をお伺いしますが
    中西さんは、慣行農法から冬期湛水不耕起移植栽培への
    移行方法でよりスムーズなやり方は何かお考えでしょうか?
    専用田植え機は使いたくないので、移行1年目はひたすら
    タイミングを逃さずに動力除草機を動かすのがいいのかなあ
    とアレコレ妄想しているのですが。。。いわゆる従来型の
    耕起有機無農薬栽培という範疇に入るような形態ですね。
    とにかく土壌生物増やすことが最優先課題で、多少の収量減
    には目を瞑り、次からの不耕起移植栽培に備えた土作りが
    大切なのではないかと。。。

    返信
  2. 米農家中西

    梅沢さん
    コメントありがとうございます。
    私も不耕起栽培は昨年が初めてです。でも、冬期湛水は5年やっていました。普通の田植え機での不耕起田への田植えは
    1)十分、イトミミズなどの微生物が生息していること
    2)田んぼにイトミミズの棲みかとなる稲藁が散布されていること。
    3)冬期湛水を稲刈り後、早い時期から始めること。
    です。以上、3つのことが揃って、初めて、普通の田植え機で春に十分稲藁の上にイトミミズが排泄したトロトロ層に田植えが出来ると思います。私のつたない経験ですが、ご参考になさってください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA