fuyumizu-hajime 投稿日 2010年5月4日

冬期湛水田はすごい!

昨年、収穫後は田んぼ一面、稲藁に覆われていた田んぼですが、

 11月中旬より、田んぼに水を入れ、冬期湛水を始めて、5ヶ月半後の冬期湛水田の様子です。一面を覆っていた稲藁が分解し、なくなってしまったように見えます。

水中を見ると、ミミズの巣穴(ボコボコ、山のように見える部分)が見られます。

表面のトロトロした土をすくってみると、分解してなくなってしまったように見えた稲藁はその土の下にありました。

すくい上げた稲藁と土に混じって、ミミズが何匹もいました。冬期湛水している間に、田んぼ一面の稲藁はミミズの巣となり、ミミズが排泄した糞が稲藁の上に堆積したのです。このトロトロしたミミズの糞はトロトロ層と呼ばれ、天然の肥料です。

これは何の幼虫でしょう?田んぼの中を勢いよく泳いでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA