P4077822 投稿日 2013年4月7日

古代米、コシヒカり、白毛もち米の播種

 昨日、育苗箱へ培土詰めが終わったので、今日はいよいよ種籾を蒔く日です。
まずは、ハウスの中に水から上げた種籾を拡げ、乾燥させます。

時々かき混ぜて、均一な乾燥になるようにします。

 昨日作った培土入りの育苗箱に種籾を蒔き、灌水し、覆土します。

出来上がった育苗箱をビニールシートを敷いたハウスの中に並べていきます。

並べ終わったら、保温の為、アルミコーティングされた太陽シートを被せます。
この太陽シートはハウスの中が40℃とか高温になっても、育苗箱をその高温から守ります。また、逆にハウスの中が冷えても、育苗箱付近の暖かさを逃がさないという効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA