P4135459 投稿日 2011年4月13日

籾蒔き

3月中旬から水に浸し、芽出しをした籾を育苗箱の上に蒔きました。古代米は手作業で脱穀しているので、稲穂のままのものあり、野毛というひげがでているものがあるので播種機(半自動の種まき機)ではうまく蒔けません。育苗箱に手作業でばら蒔きしています。古代米ぐらいは太古の昔をはせながら、・・・・・。古代米=手作業が似合っているように感じます。

籾を蒔いたら土をかぶせます。コシヒカリは播種機でやりますが、古代米は手作業です。

ビニールハウスの中に並べた育苗箱です。散水して、アルミコーティングしてある太陽シートというシートをかぶせ、芽が出るのを待ちます。

【農作業備忘録】
270枚の育苗箱 覆土・・・・・・31袋
コシヒカリ・・・・・・254枚
白毛もち米・・・・・16枚
黒米 紫黒苑・・・・・8枚
赤米 紅吉兆・・・・・8枚
香り米 香り米・・・・・4枚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA