jyosouki 投稿日 2006年6月3日

除草作業を始めた

jyosouki.jpg
6月3、4日 田植えが2週間前に終わった田んぼの除草作業を始めた。秘密兵器の自走式の除草機の活躍。こいつのおかげでずいぶん除草作業が楽になっているが、除草の適期を外すと、大変なことになる気の抜けない時期だ。
【6月3日の作業】
miso-tukuri-1.jpg
miso-tukuri-2.jpg 
味噌の仕込み
下原の大田の除草。除草機の前についているカゴ車を外すのを忘れ、泥を左右に押してしまいかなりの苗が泥の中に埋没してしまった。遠目に見ると、明らかに苗が歯抜け状態だ。悲惨。この田んぼ、どうしよう。
【6月4日】
早朝5時から下原の大田で埋没した苗を手作業で修復。妻と二人作業で四つん這いになりながらやったが27アールの田んぼは広すぎる。でもこの田んぼ、地道に立て直そう。
原新田の田んぼの除草。 除草機のカゴ車を取り外して、除草したら苗を倒さず、きれいに除草できた。
下原の三角の田んぼの除草。 この田んぼの除草もうまくできた。
【気づいたこと】
土の状態   ヒエの出方  冬季湛水   稲藁のすき込み
下原の大きい田んぼ   トロトロ     大発生 やってない   全量すき込み
下原の三角の田んぼ 硬い土      発生なし やった      全量持ち出し
原新田の田んぼ 超トロトロ    発生なし やった 全量すき込み
裏の大きい田んぼ
裏の小さい田んぼ 硬い土    大発生 やってない やってない 
-考察-
稲藁のすき込みは土トロトロ化に効果あり。発酵が進み、イトミミズも多いのか?
冬季湛水はヒエの発生を抑制する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA