小麦 投稿日 2016年5月28日

小麦 の研究で硬くなりにくいパン

7月になると、周辺農家が休耕田に作る 小麦 の穂が黄金色になり、風に吹かれ、きれいです。

小麦 の品種で従来よりも柔らかく購入後も硬くなりにくい パン 作りが可能に

小麦 から作られた パン よりも柔らかく、かつ、3日経っても硬くなりにくい パン を、シンプルな資材のみを使用して作れる小麦のでんぷんの特性を解明できたそうです。 パン は数日すると硬くなるので、これは画期的なことですね。   概要 農研機構と日本製粉株式会社中央研究所は、でんぷんを構成する成分「アミロース」と「アミロペクチン」の比率や構造が通常と異なる小麦の研究を共同で行いました。その結果、アミロースの割合が低くアミロペクチンの構造が単純なでんぷんを持つ小麦から通常のパンより柔らかく、かつ、時間がたっても硬くなりにくい パン ができることを明らかにしたそうです。現在、このようなでんぷんを持ち、かつ、栽培しやすい小麦品種の育成を進めているそうです。   編集し、個人的な意見を追記しております。   出展 農林水産省  http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/tarc/063204.html#1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA