冬期湛水田に霜 投稿日 2015年12月31日

冬期湛水田に霜

冬期湛水田に霜

大晦日の朝、かなり冷え込みました。冬期湛水田の土手の枯れ草が霜で真っ白になりました。
冬期湛水田 には氷が張っています。

霜とは何か

ところで、霜というのは何か調べてみました。空気と接触している物体の表面の温度が霜点(温度が0℃以下のときの露点のこと)よりも低くなると、空気中の水蒸気が昇華し、物体の表面に微細な結晶構造を持つ氷が成長する。この結晶のこと、あるいはこの現象自体を霜と言うそうです。
冬の寒さが厳しい地域でみられ、内陸部の方が放射冷却が起こりやすく、最低気温が低いので多く見られるとのこと。まさに、伊那谷は内陸、標高が600~700mありますから、霜が発生しやすいということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA