農業用水 投稿日 2015年12月5日

農業用水 と 冬期湛水

2週間前に 冬期湛水 を始めた原新田の田んぼと下原の三角の田んぼを見回りました。水量はちょうどよい感じです。米の収穫が終わると、用水路の水が少なくなるので、水管理はかかせません。ということで、今日は 農業用水 についての情報です。

農業用水 の歴史と水利権

農業用水 は、事実行為としての水利用を積み重ね、慣習として成り立ってきました。ときには「水争い」を繰り返して衝突する利害を調整し、その結果として形成あるいは変革された水利秩序に基づいて、その使用は社会的に承認されています。
実態として、古くから、農作物生育に必要な、いわゆる「かんがい」だけではなく、野菜や農機具などを洗う生活用水、環境用水として生態系保全・親水・水質浄化、防火用水や雪を流したりする用水などの様々な機能を歴史的に発揮してきました。
出展:農林水産省-組織・政策-農村振興-農業用水の歴史と水利権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA