米の 深水管理 投稿日 2015年1月7日

米の 深水管理 でヒエ退治

米の 深水管理 は ヒエ退治 に 有効 です。 ヒエ というのは イネ科 の 雑草 で、 稲 と 同じ 環境 、同じ 時期 に 生育 し、 穂 が出るまでの 姿 もほぼ同じです。 稲 の 苗 は 田植え で弱ります。 根 が 田んぼ に 活着 するまで弱った 状態 が続きます。一方、 ヒエ は 前年 のこぼれ種から 発芽 します。 発芽 が遅くても、 成長 は 継続的 で 勢い があります。やがて、ある時期に 稲 の 苗 の 成長 を追い越してしまいます。 ヒエ 退治 は早いほど 効果的 です。

米 の 深水管理 という ヒエ を 効果的 に 退治 する 方法 があります。文字通り、 田植え 後、深く 水位 を保つ方法です。右の 写真 は 水位 を 深くした時 の 水中 の 稲の苗 の 様子 です。 苗 の 大半 が 水中 にあるのがわかるでしょうか。

右の 写真 は 藻 をかき分け、上から見た 苗 の間に 発芽 し、少し伸びた ヒエ の 様子 です。 深水管理 により、 ヒエ は 完全 に 水没 しています。しかし、 深水管理 をやり始めの頃はまだ 元気 です。

水没 している ヒエ は 光 と 酸素 を求めて、 背丈 が高くなります。しかし、 深水 による 水圧 の為か、 ヒヨロヒョロ です。もはや、 自立 できないほど弱々しく、 水中 に漂っているという 感じ です。 ヒエ がここまで 弱体化 できると、 生育 の 勢い も 衰え 、 雑草 としての 脅威 もほとんどなくなります。

深水管理の留意点

しかし、 深水管理 には 気をつけるべき点 があります。 田植え したばかりの 稲 の 苗 は 弱い です。 深水管理 により、 稲 の 苗 にも大きな 負担 が掛かります。 右の写真 は 深水管理 により、息絶えてしまった 苗 です。 藻 が絡みつき、とろける 寸前 です。 深水管理 に耐えられるしっかりした 苗 を 田植え 前に 育苗 する 必要 があります。