山で遊ぶ」タグアーカイブ

皮はぎ間伐法 で簡単、安全間伐

皮はぎ間伐法 で簡単・安全に間伐

皮はぎ間伐法 という簡単でしかも、安全な間伐方法の記事を見つけました。
というのは、山を所有していますが、どのように管理したらよいか、考えていました。間伐が遅れている為、林内が暗く、林床には地を這うような草しか生えていません。ヒノキはひょろひょろと高く伸び、幹が太らないいわゆる線香林と言えるかもしれません。
皮はぎ間伐法 と言うのは、
1.チェーンソーで幹周りに切込みを入れる。
2.皮をはぐ。
3.枯れ木の空間から光が入り、環境が改善される。枯れ木は残した木の支えにもなり、風雪害を防いでくれる。

この方法なら、山仕事に素人の私でも出来そうな間伐方法です。

出展:現代農業2004.8 http://www.ruralnet.or.jp/gn/

ヒノキの間伐材で ナメコ栽培

キノコ栽培 というと、原木は広葉樹と、思っていましたが、ヒノキの間伐材で ナメコ栽培 という記事を見つけました。親戚の叔父から引き継いだ山があるので、原木として入手しやすいヒノキで ナメコ栽培 はいいかもしれないと思っています。

1.伐採後1週間以内に植菌
 伐採後、時間がたつほど乾燥し、キノコ菌が原木に回りにくくなる
2.湿気たっぷりの場所に伏せる
 ナメコ菌は湿気が大好き。しかも、ヒノキは広葉樹より乾燥しやすいので、暗くて湿度の高いところに伏せる。
3.収穫2~3週間前から毎日散水(乾き気味の場所)
 9月後半から発生するので、9月に入ったら、原木の湿度を保って菌の活動を助ける。
4.品種は晩生品種のほうがよさそう
 晩生品種のほうが立派なキノコが取れて、ヒノキとの相性が良さそう。

出展:現代農業2010.9 http://www.ruralnet.or.jp/gn/