ごはんは太る 投稿日 2016年12月6日

ごはんは太る は本当?ごはん中心の和食は理想的な食事

ごはんは太る は誤解?

ごはんは太る というイメージをもっている人は多いのではないでしょうか。
ごはんを主食にした和風の食事は、刺身や焼き魚、煮物、酢の物、みそ汁といった具合に、油を使わない料理が多いのも特徴です。脂質が多くなるとカロリーが高くなり、肥満を引き起こす原因にもなります。ごはんそのものには油はほとんど含みません。ごはんはしっかり食べても、油を使った料理を減らすなど、おかずの選び方に気をつけることで、十分カロリーを抑えることができます。

さらに、玄米などの精製度の低い穀類をとると、ビタミンやミネラル、食物繊維が多くとれます。量が同じなら、どれもカロリーはほぼ同じですが、未精製の穀物は消化がゆっくりで、噛む回数が増えるので、早食いや食べすぎを防ぐ効果があります。ごはんも食べ方次第では、むしろ太りにくい食事といえます。
出展:農林水産省 ホーム>組織・政策消費>安全食育の推進>みんなの食育世代・ライフスタイル別トピックス>女性編>ごはんは太るは誤解?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA