玄米の構造 投稿日 2015年4月17日

玄米の構造

玄米 にはビタミンやミネラルといった身体に必要な栄養素がしっかり詰まっています。 そのほかに注目したいのが、精米したてのお米のおいしさです。精米し、白米にしたお米は時間とともに酸化が進んで味や香りが失われるため、おいしさの寿命は短いと言われます。 米の構成は、「胚芽」・「ぬか層」・「胚乳」から出来ています。玄米から「ぬか層」を取り除くと胚芽米になり、胚芽米から「胚芽」を取り除くと、精白米になります。 玄米の構造 は、主に胚芽、ぬか層(果皮、種皮、糊粉層から成る)、胚乳から成ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA