珪酸肥料 投稿日 2015年2月6日

籾殻灰を使い 珪酸肥料 作り

籾殻灰 を 肥料 に 活用 できないかと考えました。というのは、我が家で 温水 を作るのに使っている 籾殻ボイラー から大量に 籾殻灰 が 排出 されるのです。以前、 籾殻くん炭 を稲の 育苗用培土 に使ったことがあったので、今回それに 肥料成分 を加えた 育苗培土 を作ろうと思い立ちました。材料は 籾殻灰 と 米ぬか です。 籾殻 の成分は 珪酸 ですので、珪酸肥料といえるかもしれません。その 珪酸肥料 に 醗酵 という 自然の営み を利用します。私は 醗酵 という生命活動が大好きで、以前はよく 醗酵肥料 を作りました。 醗酵 は菌の活動が見えます。いとおしくも感じます。今回はその 醗酵 を珪酸と他の 肥料成分 を含んだ 培土 作りに応用してみようと思ったわけです。

今朝 7時頃の 気温 は-6°位、おひさまが出ていたので、 早朝 はもっと 気温 が低かったと思います。

これが今、開発中?の 籾殻灰 と 米ぬ か を利用した 珪酸肥料 です。

籾殻灰 と 米ぬか を混ぜた山の 表面 には寒さの為、 霜 が付着しています。

ですが、その中に 棒温度計 を差し込み、 温度 を測定してみると、なんと55℃。これは 納豆菌 の活動が活発になり、 醗酵 しているのです。

山を切り返してみると、その活動の活発さがわかります。すごい 湯気 です。

第二段階として 肥料成分 となる 米ぬか の追加です。まずは 籾殻灰 に窪みを作ります。

そこに、この 米ぬか を入れます。 米ぬか を入れることにより、 珪酸 とは違う 肥料成分 が加えられると考えました。

米ぬか を入れたあと、適度に 水 を加えます。この 水加減 が 醗酵 するか、 腐敗 するかの分かれ道。 水 の入れ過ぎは 禁物 。 アンモニア臭 がしてきたら、それは 腐敗 です。かつて、 発酵肥料 を作った時、何回か 腐敗 させた 経験 から、この工程は 肝 と言えます。

米ぬか の上に 籾殻灰 を被せます。

奥の山が新たに作った 珪酸肥料 の山です。この状態で待つこと数日。 醗酵 が始まります。