アーカイブ

中華ちまき

中華ちまき

白毛もち米で 中華ちまき はいかがでしょうか

今回、 中華ちまき の作り方をご紹介します。

5月5日はこどもの日、別名”端午の節句”と呼ばれていますよね。 端午の節句で思い浮かぶのが、この歌-背(せい)くらべ-
柱のきずは おととしの
五月五日の 背くらべ
粽(ちまき)たべたべ 兄さんが
計(はか)ってくれた 背のたけ
きのうくらべりゃ 何(なん)のこと
やっと羽織(はおり)の 紐(ひも)のたけ

皆さん、どのような『ちまき』を想像しましたか?
この歌から考えると、笹の葉で縦長に包んだ、上新粉ともち米を練った甘い団子餅で、端午の節句が近づくと和菓子屋さんやスーパーでよく見る、ちまきですよね。

ただ、端午の節句に『ちまき』を食べるようになった中国の由来からすると、ちょっと違うようです。
中国で『ちまき』といえば、もち米を使った炊き込みご飯の一品料理『中華ちまき』のことです。なので、端午の節句に食べるちまきは、本来なら”中華ちまき”なのです。

※材料
白毛もち米 3カップ・・・・一晩水に浸す ← 米農家中西でお求め頂けます
豚モモ肉    100g
竹の子     100g
干ししいたけ  5枚
ニンジン    小1本
スープ   2カップ(コンソメやガラスープ)
塩       小 1弱
しょう油    大さじ 2
砂糖      大さじ 1

竹の皮

中華ちまき の作り方

もち米は調理開始前にザルにあけ、水を切ります。
米以外の材料を油で炒めます。
2.にスープを入れ、汁が半分になる位まで煮ます。
3.に調味料を入れ、軽く煮ます。
フライパンで油を大さじ2~3ほど入れ、米が透きとおるまで炒めます。
5.に4.の煮汁を入れ、炒め、煮汁がなくなったら、具をすべて混ぜ合わせ、竹の皮を包みます。
蒸し器で20~25分ほど、蒸します。
竹の皮がなければ、アルミホイルやクッキングペーパーでもよいです。包まず、蒸してもOK。
冷凍可能なので、多めに作っておくと、便利です。解凍はレンジや蒸し器で・・・・・。
油の量は竹の皮に包む時、くっつきすぎないようにする為、少し、多めです。包まずに蒸すなら、もう少し、少な目でもよいと思います。

五平餅

五平餅

五平餅 の由来

五平餅五平餅 は長野の伊那、木曽の郷土料理。ごはんをつぶして細長い板に小判形ににぎりつけたり、竹ひごに、ごはんの団子を2つ刺し、火であぶり、みそだれをぬって、焼いたものです。たれにはゴマ、クルミ又はエゴマを入れたり、しょうゆだれを用いる地域もあるようです。伊那地方では竹ひご、ごはんの団子、クルミ入りのたれが伝統的なものだと思います。

五平餅 の作り方

  1. 竹ひご(割り箸で代用可)を用意しておきます。
  2. お米はもち米ではなく、普通のお米(コシヒカリなど)をやや多めの水加減をして、普通に炊きます。多めの水加減にするのは、ごはんの団子を作り易くする為。
  3. ごはんが炊けたら、ごはんを半つぶしにします。(すりこ木があると、楽です。手で潰してもOK)。
  4. 半潰しのごはんを、丸め、やや扁平の団子(直径5センチ、厚さ3センチ)にします。
  5. 一つの串に2つの団子を刺します。

味噌だれを作ります

すりつぶした炒りゴマに、くるみを加えて、さらにすりつぶし、味噌、砂糖、水を加えてすりのばします。水を加えすぎて、タレがゆるくなり過ぎないように注意してください。

 

軽く炙り炙ります

我が家に囲炉裏があった頃は、囲炉裏で熾した炭火に五平餅の串を立て、炙りました。オーブン、ガスコンロのグリルなどで、味噌に焦げ目がつくくらい炙ったら、出来上がりです。